オンライン・システム・ニュースレター No.67 (1999.06.10)


学術雑誌総合目録和文編2000年版全国調査の開始


和文編改訂のための全国調査を,平成11年度に実施します。調査時点は平成11年(1999年)11月1日現在とし,調査・編集の後,平成13年3月に新版を刊行する予定です。
調査の方法は,基本的に前回の和文編と同様にオンライン入力,磁気テープ,CD-ROM全国調査システム(Windows95版),データシートによる報告となります。
提出データの作成方法は,前回と同一ですので,調査前に配布するマニュアル等に従って,データを作成してください。ただし,新規参加館及び新規担当者向けには,調査説明会を東京,大阪で開催する予定です。説明会の開催日程等については,後日あらためてお知らせします。
全国調査の開始については,各図書館宛にも文書をお送りしています。前回欧文編の調査同様,各参加図書館の皆様の御協力をお願いします。

 

1.調査の範囲

国内の大学・研究機関等で所蔵され,研究資料として扱われる和文逐次刊行物です。中国語,韓国語資料は含みません。いわゆる雑誌のほか,年鑑・年報等も収録対象に含めます。原則として他機関からの文献複写依頼に対応できる資料を対象としますので,各機関の事情により利用請求に応じられない資料については,データ提出の必要はありません。

2.調査時点

平成11年11月1日現在

3.スケジュール(予定)

  1. 平成11年6月−9月 全国調査用資料(予備版,調査用リスト等)の作成
  2. 平成11年10月 全国調査用資料の送付
  3. 平成11年11月 調査説明会を開催(東京,大阪)
  4. 平成12年3月 データ提出締切(オンライン接続館の場合はこの後も可能)
  5. 平成13年3月 和文編の編集完了,和文編2000年版CD-ROM刊行

4.雑誌目録システム運用の一時変更

学術雑誌総合目録和文編2000年版全国調査の実施に伴い,次のように雑誌目録システムの運用を変更しますので,御注意願います。

[書誌レコード削除処理の変更]

(変更期間) 平成11年8月から平成12年9月頃まで

(内 容)

レコードの作成日が平成11年7月以前の和雑誌の重複レコードを見つけた場合は,「削除予定レコード」の処理をせずに,目録情報課 雑誌目録情報係あてに「目録情報に関する質問書」と画面のハードコピーを添えて報告してください。

(理 由)

平成11年7月時点の雑誌データベースをもとに,CD-ROM全国調査システム,予備版冊子体,所蔵更新用リスト等の全国調査用資料を作成します。これらは,オンライン館以外の参加館における調査の基礎データとなります。オンラインで削除予定レコードにされてしまうと,CD-ROM利用館およびデータシート館からの報告内容を反映することができなくなるため,上記の運用変更を行います。
また,オンラインによる新規作成書誌レコードの報告は,従来通り,作成後すみやかに行ってください。今回の調査では,調査提出締め切り期限が,平成11年度末の本センター移転予定時期と重なります。作成内容を早期に反映させることで,新版改訂の編集作業をできるだけ早く進めることができます。締め切り直前に全部の報告をいただくのではなく,レコード作成の都度,適宜報告をお願いします。
なお,お送りいただくのは,当該書誌レコードの画面ハードコピーと必要十分な情報源箇所(表紙,タイトルページ,裏表紙,奥付は必ず。その他,書誌作成・修正の根拠となった箇所)のコピーのセットです。

(雑誌目録情報係)