オンライン・システム・ニュースレター No.69 (1999.12.20)


次期メインシステムの導入


本誌前号(No.68)でお知らせしたとおり,平成11年12月末に,メインシステムの機種更新を実施します。

平成12年(2000年)1月から稼働するシステムの概要は,次のとおりです。

1. システム全般

  • UNIXサーバの比率を高くし,さらにオープンシステム化を進めます。
  • 今後5年間のデータ増加分が収録可能な磁気ディスクを用意します。
  • N1ネットワークの接続を廃止します。

2. 目録所在情報サービス

  • 新たに多言語対応サーバを設置し,データベースの内部コードをUCS対応とします。
  • 新CAT/ILL対応サーバを強化し,新CAT/ILLシステムへの移行を促進します。
  • Webcatサーバの性能を強化し,年々増加するアクセスに対応します。

(システム管理課)