NACSIS-CAT/ILLニュースレター10号 (2003.3.17)


(2) 検討内容
  @  転記の原則に従い,タイトル等の書誌記述は原綴り(アラビア文字)により入力する。
  A  ローマナイズタイトルは,ALA-LCの翻字表を基本とし,TRVR(タイトル:その他のヨミ),VTVR(その他のタイトル:その他のヨミ),CWVR(内容注記:その他のヨミ)フィールドに入力する。これは,VT:RMでは,レコード中の該当フィールドのローマ字翻字形データの入力に対応しきれないためである。また,今後の多言語運用において,分かち形を入力すべき言語がありうることを視野にいれ,その他のヨミフィールドをローマ字翻字形のフィールドとするのが,適切な方法ではないかと思われるためである。
  B 既存レコードについては,運用開始後,TRフィールドについて翻字形から原綴りへの一括置き換えを行う。翻字形から原綴への変換及び確認・修正作業については,「WG」が行い,最終確認のとれたデータを国立情報学研究所が総合目録データベースに一括反映させる。
(3) 作業ツールの提供入力業務の軽減化のために,WWW上で動作するALA-LC翻字データからアラビア文字への変換ツールの提供を予定しています。
(4) 今後の予定
  @ 本誌次号(平成15年6月刊行予定)及びホームページ上で「アラビア文字資料の取扱い及び解説」を公開し,運用を開始する予定です。
  A 平成15年度中にアラビア文字に関する包摂定義及び検索語の正規化定義について,CATシステムの改造で実現する予定です。
  B 平成15年度中に,翻字で入力されている既存レコードのTRをアラビア文字で置換する予定です。置換後は,(2)−Aで述べたアラビア文字データがTRD(本タイトル及び責任表示等),既存レコードのTRDに入力されていたローマ字翻字形がTRVRにセットされます。

3.コーディングマニュアルについて
   以上のように,和漢古書,アラビア文字資料の取扱い及びコーディングマニュアルについては,個別の検討を行ってきました。また,既に中国語資料,韓国・朝鮮語資料については運用が始まっています。一方,コーディングマニュアル本体は多言語対応以前のままで,マニュアル全体としての整合性に欠ける部分が出てきています。
   国立情報学研究所では,目録システムの多言語対応に合わせた修正作業とともに,併せて構成変更を含めたコーディングマニュアル改訂を予定しております。御意見等ございましたら,コンテンツ課コンテンツ形成管理係までお寄せください。


(コンテンツ形成管理係)




前ページへ
3
次ページへ