NACSIS-CAT/ILLニュースレター10号 (2003.3.17)


平成14年度第4回レコード調整の発送


   平成15年3月に,平成14年度第4回レコード調整連絡を関係各館に送付しました。
   今回は,従来の書誌レコード修正報告・重複レコード統合に伴う所蔵付替え連絡等に併せて,次の調整についても連絡しています。速やかな処理をお願いします。

1.リンクのない書誌レコード
   平成15年2月10日現在で,所蔵レコード・子書誌レコードともにリンクのない図書書誌レコード5,854件について,各作成館(RECONファイルからの流用入力書誌の場合は修正館)に連絡しました。
   お送りしたリストをもとに貴館で当該書誌が必要かどうか確認の上,必要な場合は,速やかに所蔵登録等行ってください。不要な場合は,「削除予定レコード」に修正してください。平成15年3月末日時点で,今回連絡したもののうちリンクのないままのものは,国立情報学研究所で一括して総合目録データベースから削除します。
   本来,NACSIS-CATでは,リンクのない書誌レコード・典拠レコードの新規作成・登録は認められていません。例外として各館での作業手順により,書誌レコードの登録と所蔵レコードの登録との間に一時的なタイムラグが生じてしまう場合がありますが,許容されるのは最大でも1ヶ月程度と考えています。
   リンクのない書誌レコードがデータベースに残り続けることは,資料の所在が必ず確認できることが前提となっているNACSIS-CATの総合目録データベースとして価値を大きく低下させることであり,ILL担当者や一般のWebcatユーザなど不特定多数の利用者にとって不利益をもたらす元となりますので,リンクのない書誌レコードを放置しない様,御注意ください。

2.過去に連絡した重複レコード(未統合分)
   平成14年度第3回レコード調整連絡以前に,書誌統合のため所蔵の付替えをお願いした重複レコードで,まだ所蔵リンクが残っているためデータベースから削除できずに残っているもの874件について,所蔵館に連絡しました。
   当該書誌レコードの注記を御確認の上,指示のある書誌レコードに速やかに所蔵を付け替えてください。(重複書誌レコードの注記の見方は,本誌8号「目録で今の操作は大丈夫?(3)」の「事例5」を参照ください。)
   今回の連絡に際し,各書誌レコードの内容の再確認は行っておりませんので,作業中に付替え指示等に疑問が生じた場合は,コンテンツ課コンテンツ形成管理係まで,お問い合わせください。

   なお,平成14年度のレコード調整連絡は,今回で終了です。
   平成14年度各回のレコード調整件数は,次の通りです。




前ページへ
5
次ページへ