NACSIS-CAT/ILLニュースレター11号 (2003.7.11)


目録システムの変更(平成15年5月29日)


   平成15年5月29日に,以下のとおり,目録システムの変更を行いました。
1.Webcat
(1)資料種別の表示
   簡略表示画面,詳細表示画面において,GMDが「w」の資料に「[コンピュータ・ファイル]」と表示するようにしました。
(2)多言語版詳細表示画面における所蔵館略称のローマ字出力
   多言語版(EnglishVersion)の詳細表示画面で,所蔵館の略称をローマ字に変換して出力するようにしました。あわせて,配置コードを出力しないようにしました。
(3)多言語版参加組織表示画面
   多言語版(EnglishVersion)の参加組織表示画面で,参加組織レコードに記録されている日本語の参加組織名称,郵便番号,住所を出力しないようにしました。(多言語版の参加組織表示画面で英文の参加組織名,住所等を表示するためには,POLICYフィールドに「WEBPOLICY=」に続けて,英文の参加組織名,住所を記録する必要があります)

2.Z39.50クライアント機能(RLGの参照利用)
(1)文字コードMARC8への対応
   アルファベット以外のデータも文字化けすることなく表示できるようになりました。
(2)雑誌書誌レコード表示対応
   RLGSER(RLGの雑誌書誌データベース)を雑誌書誌として検索,表示,流用入力を行えるようになりました。
   Z39.50クライアント機能の変更については,以下のURLもご参照ください。
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/ncat_info_z3950_rlg.html
(コンテンツ形成管理係)



従来システムの廃止と新システムへの移行について


   これまでも,新CAT/ILLシステム説明会等でお知らせしてまいりましたが,平成16年12月末をもって,従来のCAT/ILLシステム(以下,旧システム)を廃止します。平成17年1月からは,新CAT/ILLシステムのみの運用となり,旧システムからNACSIS-CAT/ILLの利用はできなくなります。
   旧システムの廃止まで,残すところ2年を切りましたので,旧システムをご利用の参加館においては,新システムへの移行を至急進めていただくようお願いします。
   新システム対応メーカは以下のURLで確認できますので,メーカ選定の参考にしてください。
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/system_maker.html
(コンテンツ形成管理係)





前ページへ
2
次ページへ