コーディングマニュアル(和漢古書に関する抜粋集)
(平成14年度第3回図書館情報委員会   承認)

1.適用範囲・書誌レコードの作成単位
   原則として、和古書は1868年以前、漢籍は1912年以前のものを和漢古書とする。
   ただし、幕末のもの、清朝末期のものにおいて、近代的印刷技法・出版形態によって大量出版されたものについては、和漢古書扱いとしなくてもよい(版毎に書誌レコードを作成し、その書誌レコードを共有する)。
   また、明治期/民国以降のものであっても、和漢古書としての取扱いが適当と思われる書写資料、少数部数の刊行物などの場合は、和漢古書扱いとする。
   和漢古書は、記述対象資料毎に特有な記述が必要であるため「稀覯本」扱い(「目録情報の基準.第4版」4.2.3)とし、記述対象資料毎に別書誌レコードを作成する。また、その旨を最初の注記として記録する。
            例)NOTE:和漢古書につき記述対象資料毎に書誌レコード作成
   和漢古書として登録されたレコードは、原則として一所蔵一書誌であるので、他機関とのレコード調整は行わない。

2.通則

章立て未定(各々、該当部分に追加)


ア)情報源
   和漢古書においては、各書誌的事項の情報源として有効である箇所及びその優先順位は、時代により、分野により、更には当該資料により異なる。従って、原則としてその資料全体が情報源として検討される必要がある。この原則のもとに、各書誌的事項は、それぞれのフィールドについて比較的有効である下記の情報源を参考にして記録する。
      1) タイトルと責任表示に関する事項−
@巻頭、題簽、外題
A目首、自序、自跋、巻末(尾題も含む)
B奥付、奥書、見返し、扉、版心、小口書、著者・編者以外の序跋、識語等
2) 出版・頒布等に関する事項−刊記、奥書、見返し、扉、序、跋、識語等
3) 形態に関する事項−その資料から
4) 書誌構造リンク−その資料から
5) 注記−どこからでもよい

   タイトルについては、巻頭以外を情報源とした場合にはNOTEフィールドにその情報源を示す。
   また、各書誌的事項において、識語及び後補書入を情報源とした場合には、NOTEフィールドにその旨を記録する。その他、各データ要素において必要があるときは、NOTEフィールドにその情報源を示す。

イ)記録の方法
1)転記の原則
   特に規定されている場合を除き、原則として記述対象資料に表示されているままに記録する。
   転記の原則に従えない事情がある場合には、何らかの方法によって当該フィールドに表現し、その内容等をNOTEフィールドに記録する。
         (例)TR:一口[にわ]かいろは節用
              NOTE:タイトル中の「にわ」部分は、丸(○)を2個重ねている形


前ページへ
1
次ページへ