NACSIS-CAT/ILLニュースレター12号 (2003.9.12)


メタデータ・データベース共同構築事業
データ一括アップロード・ダウンロードの運用開始


   これまで,メタデータ・データベースの構築は,各参加機関のデータ作成担当者による個別のデータ入力に負っておりましたが,このほど,一括的なデータ交換(アップロード及びダウンロード)が可能となりました。
   これにより,直接データ入力を行うのでなく,各参加機関側で独自にデータベース構築を推進し,派生的にNIIメタデータ・データベースへのデータ提供を行うといった運用が可能となります。一括的なデータ交換の対象としては,メタデータ・データベース共同構築事業のデータ収録対象に沿う,下記のようなデータベースを想定しています。

・学術機関リポジトリ1
・電子化貴重資料データベース
・電子教材リポジトリ

   また,NIIメタデータ・データベースに蓄積されたデータについても,自由に一括ダウンロードすることが可能になっていますので,各参加機関の情報サービス構築にお役立てください。

1.概要
   一括アップロード・ダウンロードは「OAIメタデータ・ハーベスティング・プロトコル(OAI-PMH)」という通信規約に基づく全自動定期更新によって行います。また,OAI-PMH対応のデータベースシステムを持たない参加機関はデータファイルの送付による一括アップロードも可能です。
方式等 概要
アップ
ロード
OAI-PMH
(全自動)
参加機関側システム(リポジトリ)から,NIIが定期的にデータの自動収集を行います。OAI-PMH準拠のシステム構築,または,既存システムのOAI-PMH対応が必要です。(→技術資料@,A)
ファイル送付 既存データをタブ区切りテキストファイルの形でNIIに送付することにより,データを一括アップロードします。(→技術資料B)
ダウン
ロード
OAI-PMH
(全自動)
NIIメタデータ・データベースから,参加機関はデータの自動収集を行うことができます。OAI-PMH準拠のハーベスティング機能を備えたデータ処理システムの開発が必要です。(→技術資料@,A)
WWWブラウザ
使用
WWWブラウザで検索条件を指定してNIIメタデータ・データベースに接続することにより,データを一括ダウンロードします。(→技術資料C)


1大学で生産された電子的な知的生産物を捕捉し,保存し,原則的に無償で発信するためのインターネット上の保存書庫。学術機関リポジトリに含まれるコンテンツとしては,学術雑誌掲載論文,灰色文献(プレプリント,ワーキングペーパー,テクニカルペーパー,会議発表論文,紀要,技術文書,調査報告等),学位論文,教材などが挙げられる。




前ページへ
8
次ページへ