NACSIS-CAT/ILLニュースレター14号 (2004.6.23)



大学共同利用機関法人情報・システム研究機構の発足



   平成16年4月1日,国立情報学研究所は大学共同利用機関法人情報・システム研究機構を構成する大学共同利用機関として新たにスタートしました。
   情報・システム研究機構は,4研究所が連携することにより,生命・地球・環境・社会などに関わる複雑な問題を情報とシステムという立場から捉え,実験・調査・観測による大量のデータの生成とデータベースの構築,情報の抽出とその活用法の開発などの課題に関して,分野の枠を超えて融合的に研究すると同時に,新分野の開拓を図り,その成果及び新たな研究領域に対する研究基盤を広く共同利用に提供します。

   さらに,システム情報研究の方法論,データベースやネットワークの高度利用に関する研究開発と事業を通して,学術研究に関わる国内外の諸機関に対して,研究の機動的効果的展開を支援するための情報基盤を提供することも大きな使命となります。
   このように,情報・システム研究機構においては,各研究所が従来から進めてきた研究の充実に加えて,これまでの研究所の枠を超えた新しい融合的研究方法を新たな構想の下に推進していこうとしています。




【情報・システム研究機構を構成する4つの研究所の研究領域と所在地】
研究所 研究領域 所在地
国立極地研究所 極域科学 〒173-8515  東京都板橋区加賀  1-9-10
統計数理研究所 統計数理 〒106-8569  東京都港区南麻布  4-6-7
国立遺伝学研究所 遺伝学 〒411-8540  静岡県三島市谷田  1111
国立情報学研究所 情報学 〒101-8430  東京都千代田区一ツ橋  2-1-2



(目録情報管理係)




前ページへ
2
次ページへ