NACSIS-CAT/ILLニュースレター16号 (2005.3.25)


学術機関リポジトリ構築ソフトウェア実装実験プロジェクトの終了



  標記プロジェクトを,平成17年3月をもって終了しました。プロジェクト参加機関の御協力に感謝いたします。

実施期間: 平成16年6月〜平成17年3月
参加機関: 北海道大学,千葉大学,東京大学,東京学芸大学,名古屋大学,九州大学
活動内容: 国内外における学術機関リポジトリ構築先行事例の研究,及び,オープンソース・ソフトウェア(DSpace,GNU EPrints)による学術機関リポジトリの試験構築・試行運用による技術情報の蓄積


  本プロジェクトの活動の記録および報告書の電子ファイルを以下のURLで公開します。


URL : http://www.nii.ac.jp/metadata/irp/



  インターネット利用の普及に伴い,オープンアクセス思潮の興隆をはじめとして,印刷体学術雑誌の出版流通を軸としてきた学術情報流通は大きな流動と変革の時期を迎えています。とくに,電子的情報流通環境下にあっては,散逸しがちな電子的学術情報資源を,その発生源において責任を持ってアーカイブし,必要十分なメタデータとともに世界に,そしてまた後世に伝えていくことがますます重要になってきています。
  学術機関リポジトリはこれからの学術コミュニケーションの一角を担う可能性を持っています。本プロジェクトが,国内各大学・研究機関における学術機関リポジトリ設立の検討の一助となれば幸いです。
  なお,平成17年度以降も,引き続き学術機関リポジトリ構築のための技術支援を継続していくことを計画しています。

学術機関リポジトリの概要
(NII Library Week 2004スライド)


(学術情報形成第二係)


前 ヘ ゚ ー シ ゙へ
17

次 ヘ ゚ ー シ ゙へ