NACSIS-CAT/ILLニュースレター17号 (2006.3.31)


継続資料の取扱いに関する小委員会の検討状況について


1.概要

  継続資料の取扱いに関する小委員会は,平成16年度に引き続き,平成17年度は計4回(5月,10月,1月,3月)開催しました。
  この小委員会では,平成17年8月に刊行された「日本目録規則1987年版改訂2版追加及び修正第13章継続資料(旧第13章逐次刊行物 改訂版)」への対応を中心として,NACSIS-CATにおける雑誌等の逐次刊行物と,ルーズリーフ資料等の更新資料の書誌レコードの取扱いについて検討しました。


2.逐次刊行資料の取扱いに関する検討の成果

  逐次刊行資料の取扱いについては,タイトル変遷における「軽微な変化(マイナーチェンジ)」適用の基本方針を定め,コーディングマニュアル「6章和雑誌書誌レコード」,「7章洋雑誌書誌レコード」の各章全体に対して「軽微な変化(マイナーチェンジ)」の導入に関連する改訂を行いました。
  本号付録として,コーディングマニュアル6章,7章を公開しますので,今後はこれに基づいて雑誌の書誌登録を行ってください。


3.更新資料の取扱いに関する検討の成果

  更新資料の取扱いにおいては,コーディングマニュアル「2.0.6 ルーズリーフ資料(和図書)」,「4.0.6 ルーズリーフ資料(洋図書)」に対し,それぞれ項目名を「更新資料」と改め,記述対象を従来のルーズリーフ資料から,差替え式のCD-ROMのような更新資料にも拡大しました。
  また,「英米目録規則第2版2002年版」,「日本目録規則1987年版改訂2版追加及び修正 第13章継続資料(旧第13章逐次刊行物 改訂版)」において,更新資料が継続資料の一部と位置づけられたことに関連し,目録規則に準拠する形で各項目の改訂を行いました。本号付録としてコーディングマニュアル2.0.6,4.0.6を公開しますので,今後はこれに基づいて更新資料の書誌登録を行ってください。
  なお,付録のコーディングマニュアルでは平成18年6月の日本目録規則1987年版改訂3版の刊行予定を受け,準拠する目録規則についての記述を「日本目録規1987年版改訂3版」(NCR87R3)に先行して統一していますので御了承ください。




前ページへ
27

次ページへ