コーディングマニュアル(デーヴァナーガリー文字資料に関する抜粋集)

(平成18年3月31日版,平成18年6月より適用)



1. 目録用言語

1.1.1B 〔目録用言語〕

  デーヴァナーガリー文字資料においては、目録用言語として英語を用いる。ただし、必要に応じて、目録対象資料の本文の言語を目録用言語として使用できる。

2. 転記の原則

  デーヴァナーガリー文字資料においては、転記の原則に従い、原則として、記述対象資料に表示されているままの字体等を使用する。

3. 図書書誌レコード

3.1 タイトルおよび責任表示 TR

(ヨミ)

  デーヴァナーガリー文字諸言語のうち、サンスクリット語等、正書法で分かち書きをしない言語の書誌レコードにおいては、タイトルの原綴の分かち書きを、TRRに記録する。分かち書きの単位は単語単位とする

(その他のヨミ)

  デーヴァナーガリー文字資料においては、タイトルのALA-LC翻字形を、その他のヨミとしてTRVRフィールドに記録する。

3.2 その他のタイトル VT

(ヨミ)

  デーヴァナーガリー文字諸言語のうち、サンスクリット語等、正書法で分かち書きをしない言語の書誌レコードにおいては、その他のタイトルの原綴の分かち書きを、VTRに記録する。分かち書きの単位は単語単位とする。

(その他のヨミ)

  デーヴァナーガリー文字資料においては、その他のタイトルのALA-LC翻字形を、その他のヨミとしてVTVRフィールドに記録する。

3.3 内容注記 CW

(ヨミ)

  デーヴァナーガリー文字諸言語のうち、サンスクリット語等、正書法で分かち書きをしない言語の書誌レコードにおいては、内容注記の原綴の分かち書きを、CWRに記録する。分かち書きの単位は単語単位とする。




目次へ
1

次ページへ