NACSIS-CAT/ILLニュースレター18号 (2006.8.10)


「NACSIS‐CATレコード調整方式検討ワーキング・グループ」の
活動状況について


  本誌17号でお知らせしましたとおり,平成17年11月から平成18年3月までの5ヶ月間,標記ワーキング・グループを設置して現行のNACSIS-CAT図書レコード調整方式の見直しと新しい方式の検討を行いました。
  検討の中では,総合目録データベースの品質管理・維持のために,書誌レコード作成時の品質向上の重要性およびレコード調整作業自体の必要性を再確認しました。その上で,調整に係る事務作業効率化を図るための応急的な対応策として以下について検討し,結果を報告書にまとめました。

  1) 参加館情報の記入必須化
  2) 所蔵館連絡のNIIでの代行
  3) レコード調整連絡標準書式の提示
  4) レコード調整に関わる書誌項目の見直し
  5) レコード調整結果等の運用注記の記入

  報告書はウェブサイトで公開して意見の公募(平成18年5月31日締切済)を行いました。今後は,いただいた御意見を参考として,応急的な対応策を順次実行していく予定です。

   ・NACSIS-CATレコード調整方式検討ワーキング・グループ報告書


前ページへ
3

次ページへ