NACSIS-CAT/ILLニュースレター18号 (2006.8.10)


タイ語等資料の取扱い及び解説,コーディングマニュアルの公開

  本誌17号でお知らせしましたとおり,タイ文字及びデーヴァナーガリー文字に関する「資料の取扱い及び解説(案)」,「コーディングマニュアル(案)」について,平成18年4月に意見公募を行い,当初案のとおりの形で確定しました。それぞれ,本号付録として公開します。
  今後は,この運用方針に基づいてタイ語等資料の書誌・所蔵登録を行ってください。

  平成18年度遡及入力事業では,東京大学東洋文化研究所,東京大学文学部,京都大学東南アジア研究所,京都大学文学研究科,アジア経済研究所,大阪外国語大学所蔵のタイ文字資料,及び東京大学東洋文化研究所,東京大学文学部,東京外国語大学,京都大学文学研究科のデーヴァナーガリー文字資料の遡及入力を行っています。
  その際の入力は,本取扱い及び解説,コーディングマニュアルに基づいて行います。あわせて,既存書誌についても,本取扱い等にそってレコード修正を行います。

  なお,各「取扱い及び解説」,「コーディングマニュアル」は,以下のURLでも公開しています。

URL:http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/ncat_manu.html

(目録情報管理係)




展覧会カタログ資料の取扱い及び解説,コーディングマニュアルの公開

  本誌17号でお知らせしましたとおり,「展覧会カタログに関する取扱い及び解説(案)」及び「コーディングマニュアル(案)」について,平成18年4月に意見公募を行いました。
  頂いた御意見を参考に再度検討を行い,最終版としてまとめましたので,本号付録として公開します。
  今後は,この運用方針に基づいて展覧会カタログ資料の書誌・所蔵登録を行ってください。

  平成18年度遡及入力事業では,東京芸術大学,女子美術大学,東京国立近代美術館所蔵の展覧会カタログ資料の遡及入力を行っています。
  その際の入力は,本取扱い及び解説,コーディングマニュアルに基づいて行います。あわせて,既存書誌についても,本取扱い等にそってレコード修正を行います。




前ページへ
6

次ページへ