NACSIS-CAT/ILLニュースレター19号 (2006.12.12)


年末年始の目録所在情報サービス

年末年始のサービスは,次のとおりです。

    年末 ・・・・ 平成18年12月27日(水)20時まで
    年始 ・・・・ 平成19年1月5日(金)9時から

(目録情報管理係)



Windows Vista等におけるクライアント利用上の御注意
(JIS漢字第3,第4水準の入力環境)


  NACSIS-CAT/ILL業務に使用する端末において,OS(Windows Vista,Mac OS X等)やクライアントシステム等の環境によって,NACSIS-CAT/ILLに未対応の文字が入力される場合があります。
  NACSIS-CAT/ILLのJIS対応クライアント(指定文字セット:JIS7またはISO-2022-JP)で登録できる漢字は,JIS規格(JIS X 0208:1997)による第1水準,第2水準の文字です。
  Windows Vista,Mac OS Xについては,最新のJIS規格(JIS X 0213:2004)にも対応し,標準入力文字(漢字変換候補)として第3,第4水準の文字が追加されています。
  主にJIS対応クライアントの場合は,以下のようなケースなどで,対応文字の不一致により入力時の文字と登録結果が異なる恐れがあります。
  影響範囲については,UCS対応クライアントも含めて現在調査しており,確定しだいあらためてお知らせします。
  Windows Vista等,最新のJIS規格に対応した環境においては,入力漢字について御留意くださるようお願いします。

(対応文字不一致の例:Windows OS)
    (1)既存のWindows XPなどとは文字の字形が一部変更となります。(JIS第1,第2水準の 168文字)
      (例)XP上の表示:                 辻「U+8FBB」
            Vista上の表示:              「U+8FBB」

    (2)JIS第3,第4水準の文字 4,354文字 が標準入力できるようになり,一部(303文字)は4バイト文字(サロ
          ゲート領域の文字)となります。




目次へ
2

次ページへ