コーディングマニュアル 21.0 図書書誌レコード修正指針  













































21.0 図書書誌レコード修正指針

21.0A〔修正の範囲〕

A1
    次の場合には,修正を行う必要がある。

        1)  データに明らかな誤りがある
        2)  データが基準や目録規則と合致しない
            (図書書誌レコードの作成単位を含む)

A2
    次のような場合には修正を行うことが望ましい。

        3)  入力レベルが「選択」である項目に対するデータの記入・追加
        4)  入力レベルが「必須」であるフィールドで,複数のデータが存在し得るときの2番目以降のデータの記
             入・追加

A3
    データが未記入であるときの記入・追加については,改めて書誌の同定を行う必要がある。

A4
    上記に定めるもの以外の修正は行ってはならない。

        (例)自館の都合によるデータの削除

21.0B〔修正作業の区分〕

B1
    修正の内容・程度によって作業の流れを次の2通りに分ける。

        (a)  修正項目を発見した館(以下,「発見館」という)が慎重に検討の上,独自に修正を行うことが可能なも
              の
        (b)  発見館が当該書誌レコードを作成した館(以下,「作成館」という)と連絡・協議をする必要があるもの

B2
    特に次の事項に関わる修正については,発見館は必ず作成館と連絡・協議をする必要がある。

        1)  書誌構造に変更を及ぼすようなレコードの修正
        2)  資料本体の内容的な改訂・変更を示すような情報の修正
        3)  その他別途書誌を作成するかどうかの根拠となるような情報の修正



















































前ページへ

次ページへ