NACSIS-CAT/ILLニュースレター2号 (2000.12.25)
平成12年度総合目録データベース実務研修(目録担当者コース)

−報告−
   

総合目録データベース実務研修は,昭和60年度より実施してきましたが,平成12年度は期間を短縮し,内容を絞った2つのコースを実施することになりました。
    その初回の平成12年度総合目録データベース実務研修(目録担当者コース)を,平成12年9月18日〜9月29日に実施し,11名の研修員の方が全課程を無事修了されました。
    今回の研修の目的は,目録所在情報サービスの参加機関において目録業務の中核となる人材を養成することにあります。
    研修では,目録所在情報サービスに係る内容を中心とした講義・ディスカッション,図書館流通センターの見学,講習会補助等を行いました。また,モニター期間であったILL自学習得システムに対しても意見をいただきました。研修のカリキュラム及び研修風景はWWW(URL: http://www.nii.ac.jp/hrd/HTML/Db/)で公開しています。

    研修を修了された方々は次のとおりです。

氏         名 所属機関
結   城  憲   司 北海道大学
大   澤  類里佐 筑波大学
大   谷  朱   美 東京大学
松   原  美重子 金沢大学
米   津  友   子 名古屋大学
早   川  順   子 京都大学
大   倉  直   起 神戸大学
   橘      美紀子 広島大学
伏   見  典   子 愛知淑徳大学
新渡戸   喜美子 同志社大学
木   下  祐   子 立命館大学

   次回は,総合目録データベース実務研修(システム担当者コース)を平成13年1月22日〜2月2日の日程で開催します。この研修は,目録所在情報サービスのシステムに関わる最新の知識を習得し,参加図書館におけるシステム構築等の中心となり,かつ習得した知識をもとに業務担当者の指導を行う職員を養成することを目的としています。
   詳細は,教育研修事業要綱,又は,前述のURLを参照してください。


(成果普及課)

前ページへ
18
次ページへ