NACSIS-CAT/ILLニュースレター20号 (2007.3.31)


国立国会図書館への依頼機能運用中止と残レコードの処理について

  本誌19号(2006.12.12)でお知らせのとおり,NACSIS-ILLから国立国会図書館(以下NDLという)への依頼機能は,平成19年3月31日(土)で中止し,平成19年4月2日(月)以降,NDLへの新規依頼は,NDL-OPAC(国立国会図書館 蔵書検索・申込システム)を御利用いただくことになります。
  なお,平成19年3月31日(土)の業務終了(18:00)までに依頼したデータについては,平成19年5月31日(木)までNACSIS-ILLシステムにて処理することが可能ですので,それまでに最終状態に遷移していただきますようお願いします。

  ・NDL-OPAC(国立国会図書館 蔵書検索・申込システム)


  ・NDL-OPACによる文献提供依頼について(ID・パスワードの取得申請手続等)

  ・ILLシステムの国立国会図書館依頼機能の運用中止にともなう残レコード処理手順

(学術情報サービス係)



日韓ILL運用開始と暫定サービスの残レコードの処理について

  本誌19号(2006.12.12)でお知らせのとおり,平成19年4月2日(月)より,NACSIS-ILLとKERISのILLシステムを接続して,日韓ILLを正式運用することとなりました。
  これまでの暫定サービスと正式サービスでは依頼・受付方法が異なりますので,御注意ください。詳細な操作方法については,平成19年3月末発行の『ILLシステム操作マニュアル ISO ILLプロトコル対応 第2版』を御覧ください。
  なお,平成19年3月31日(土)までに暫定サービスのエージェント方式で依頼・受付したデータについては,引き続きNACSIS-ILLにて処理することが可能ですが,平成19年4月28日(土)までに最終状態に遷移していただきますようお願いします。

・グローバルILL(ILLシステム間リンクのページ)

URL:http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/nill_info_globalil.html


(学術情報サービス係)




前ページへ
8

次ページへ