NACSIS-CAT/ILLニュースレター21号 (2007.7.20)


視聴覚資料の取扱い及び解説,
コーディングマニュアルの公開


  本誌18号(2006.8.10)および20号(2007.3.31)でお知らせしたとおり,本研究所では平成18年度に「視聴覚資料の取扱いに関する検討会議」を開催し,具体的な取扱いについての検討を行いました。
  平成19年5月下旬に,「視聴覚資料に関する取扱い及び解説」,「コーディングマニュアル(視聴覚資料に関する抜粋集)」として最終版をNACSIS-CAT/ILLホームページ上にて公開し,同年6月1日より運用を開始しました。本号付録として添付します。
  今後は,この運用方針に基づいて視聴覚資料の書誌・所蔵登録を行ってください。
  また今回,「視聴覚資料を目録登録する際の注意事項」も作成しました。業務の際に参考にしてください。
  「取扱い及び解説」,「コーディングマニュアル」,「注意事項」は,以下のURLでも公開しています。

URL:http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/ncat_manu.html

(NACSIS-CAT担当)



CATデータ整備のお知らせ

  視聴覚資料に関する「取扱い及び解説」及び「コーディングマニュアル」の運用開始に伴い,下記のデータメンテナンスを行います。

   ・ 図書書誌レコード全般のデータ整備
      【作業内容】
        1)   TRフィールドに,資料種別([録音資料],[sound recording],[映像資料],[motion
              picture],[videorecording])が記録されているレコードから,上記の資料種別を
              削除
        2)   作業対象レコードのうち,GMD,SMDが空白のものは,可能な範囲で適切な
              コードを入力

  作業が完了しましたら,本誌およびNACSIS-CAT/ILLホームページにてお知らせします。また,整備対象としたレコードIDもホームページで公開します。

(NACSIS-CAT担当)




前ページへ
5

次ページへ