コーディングマニュアル(視聴覚資料に関する抜粋集)
映像資料編

(平成19年6月1日版)

0 総則

0.1 和資料と洋資料
  目録対象資料を登録する場合、和資料ならば「日本目録規則1987年版(改訂3版)」(以下、NCR87R3)を適用し、洋資料ならば「英米目録規則第2版(2002年改訂版2005年アップデート)」(以下、AACR2 Update2005)を適用し、書誌ファイルに入力する。
  当該資料が和資料であるか洋資料であるかは、以下の指針に従い判断する。

〔通則〕
  資料の和洋区分は、原則として、タイトルフレームの一番最初に表示されたタイトルの言語による。
  ただし、メニュー画面はタイトルフレームに含まない。

  タイトルフレームに表示されたタイトルが日本語、中国語、韓国・朝鮮語の場合は和資料としてNCR87R3を適用し、日本語、中国語、韓国・朝鮮語以外の場合は洋資料としてAACR2 Update2005を適用する。

  (複数言語による表示)
  タイトルフレームに日本語、中国語、韓国・朝鮮語とその他の言語が同時に表示されている場合は、収録物の言語により和資料か洋資料かを判断する。楽器演奏、無声映像など、収録物に言語がない場合は、発行国から判断する。発行国に日本語、中国語、韓国・朝鮮語を公用語として使用している国が含まれている場合は和資料、それ以外の場合は洋資料として登録する。

  (タイトルの表示がタイトルフレームにない場合)
  タイトルフレームからタイトルを確認できない場合は、ラベル、付属文字資料、容器(外箱を含む)に表示されたタイトルの言語から判断する。
  タイトルフレーム自体には総合タイトルがないが、ラベル、付属文字資料や容器に総合タイトルがある場合は、ラベル、付属文字資料や容器に表示されている総合タイトルの言語から判断する。

  上記条項に照らして判断した和洋区分が収録物からみて不適当と考えられる場合は、収録物の言語によることができる。




目次へ
1

次ページへ