NACSIS-CAT/ILLニュースレター24号 (2008.6.30)

「電子情報資源管理システム(ERMS)実証実験
平成19年度報告書」の公開

  国立情報学研究所では,電子情報資源の管理ツールである電子情報資源管理システム(ERMS)の国内導入可能性について検討するため,平成19年度より大学図書館等と共同で実証実験を行っています。
  平成19年度の成果を報告書としてまとめ,以下のURLで公開しています。
  本実証実験は平成20年度も引き続き実施しています。

(NACSIS-CAT担当)



平成20年度次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業
総合目録データベース遡及入力事業の実施について


  平成19年11月29日付文書にて照会しました,「平成20年度次世代学術コンテンツ共同構築事業 総合目録データベース遡及入力事業」について,46機関から59件の応募がありました。
  審議の結果,以下の9機関10件が実施内定となりました。

対象事業

機関名

事業A
【大規模遡及入力支援】
6機関(6件)

東北大学
横浜国立大学
名古屋大学
京都大学
高知大学
長崎大学

事業B
【自動登録支援】
2機関(3件)

山口大学
福山大学(附属図書館)
福山大学(附属図書館薬学部分館)

事業C
【多言語・レアコレクション】
1機関(1件)

東京外国語大学
(デーヴァナーガリー文字資料)

(NACSIS-CAT担当)




前ページへ
3

次ページへ