NACSIS-CAT/ILLニュースレター26号 (2009.2.27)

Windows Vista等でのクライアント利用への
CAT/ILLサーバの本対策について

  本誌23号(2008.2.29)にてお知らせしましたとおり,「Windows Vista等でのクライアント利用へのCAT/ILLサーバの本対策」の業務用・検索用サーバへの適用につきまして,一部仕様の問題点により延期しておりましたが,下記のとおり,仕様変更を行った上で実施しますのでお知らせします。現在UTF8インタフェースの参加館の方は,下記のとおり,Vistaで追加された漢字等がUCS外字になる以外は,現状のまま利用可能です。
  
  変更仕様(実施時期:平成21年3月23日(月)から)

インタフェース
サポート対象文字集合
JIS7 ASCII
JISX0201
JISX0208:1978
JISX0208:1983
JISX0212:1990
JISX0213:2000(1面)
JISX0213:2000(2面)
JISX0213:2004(1面)
EXC文字
*出力返答に含まれるJISX0213,JISX0212の文字集合は,UCS外字で表現
ISO2022JP ASCII
JISX0201
JISX0208:1978
JISX0208:1983
JISX0212:1990
JISX0213:2000(1面)
JISX0213:2000(2面)
JISX0213:2004(1面)
*出力返答に含まれるJISX0213,JISX0212の文字集合は,UCS外字で表現
UTF8 UCS-2
*出力返答に含まれるUTF-8上で4バイトとなる文字集合は,UCS外字で表現
UTF8E
(新規)
UCS-2 (従来のUTF8に,UTF-8上1文字4バイトとなる文字のうち,UTF-16のコード範囲の文字を追加)
GB⁄GBK チェックは行わない(現行どおり)
※  UCS外字:UTF-8上で4バイトとなる文字のUCS外字上の表記は,サロゲートペア2つ分
      の◆Unnnn◆◆Unnnn◆の形式で表現する。

平成21年3月13日(金)まで,上記仕様でのテストサーバを公開します。
詳細については,(http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/about/system/vista.html)を御覧ください。

(NACSIS-CAT/ILL担当)




前ページへ
4

次ページへ