NACSIS-CAT/ILLニュースレター27号 (2009.6.30)


複数の出版物理単位からなる図書資料の
出版者変更の取扱い

  複数の出版物理単位からなる資料において,巻次(年次)の途中から出版者が変わっている場合の書誌の作成方法について,お問い合わせがありましたので説明します。

  出版物理単位からなる資料での出版者の変更については,集合書誌単位(親書誌)と同様に,同一書誌として扱っています。つまり,一つのタイトルにおいて,第1巻と第2巻で出版者が変更になった場合(同一出版者の名称変更だけではなく,別の出版者に変わった場合も含む)は,同一書誌とし,NOTEに変更後の出版者を記録してください。
  なお,単行書誌単位(VOL積みのない一般的な子書誌)では,出版者が変更になった場合は,別書誌を作成しますので,これらの違いに御注意ください。

【出版者が変更になった場合(名称変更・別出版者への変更)】

対象資料

書誌作成方法

複数の出版物理単位をもつもの

同一書誌とする。
(NOTEに変更後の出版者を記録する)

単行書誌単位のもの
(VOL積みなし)

別書誌を作成する。


  参考:コーディングマニュアル 2.2.3 E2 および F1.7

(NACSIS-CAT担当)




前ページへ
7

次ページへ