NACSIS-CAT/ILLニュースレター27号 (2009.6.30)

(1) MessageAPDUの受信
[SEND]コマンドを発行すると,OCLC側にShippedAPDUが送信されますが,OCLCのILLシステムではShippedAPDUを受信してから一定期間資料が届かない場合,”Not Received”というMessageAPDUを送信する機能があります。MessageAPDUが送信されると,その後,OCLC側でRECEIVE処理しても,NACSIS-ILL上で正常に状態遷移が行われないことがあります。NACSIS-ILL側でMessageAPDUを受信すると履歴にも記録されますので(※1),MessageAPDUを受信した場合,資料が到着しているか,RECEIVE処理が行われているかをOCLC参加館に確認してください。
資料が到着していない場合の対応については,当事者間で協議していただくことになります。協議等でお困りの場合はGIFプロジェクトまで御相談ください。OCLC側でRECEIVE処理したと回答があったにも関わらず,NACSIS-ILL上で正常に状態遷移が行われないレコードがありましたらNACSIS-ILL担当まで御連絡ください。

(2) OCLC参加館側でのRECEIVE未実行
  [SEND]コマンド発行後,全く履歴の更新がない場合,資料が到着しているか,RECEIVE処理が行われているかをOCLC参加館に確認してください。連絡が取れない等でお困りの場合はGIFプロジェクトまで御相談ください。

(3) EXPIRY-DATE後の[SEND]処理
  OCLCのILLシステムでは,EXPIRY-DATEまでに[SEND]処理を行わなかった場合,レコードは次の候補館へ自動的に転送されます。次の候補館への転送後に[SEND]コマンドを発行し,ShippedAPDUが送信されてもOCLC側ではエラーとなります。エラーとなった場合NACSIS-ILLの履歴にも記録されます(※2)。当該レコードについては,これ以上の状態遷移は行われません。また参加館からも操作ができない状況ですので,NACSIS-ILL担当まで御連絡ください。
  すでに資料を発送していた場合の対応については,当事者間で協議していただくことになります。協議等でお困りの場合はGIFプロジェクトまで御相談ください。

※1 NACSIS-ILL上でのMessageAPDU受信履歴の記録例
SENDCMND = APDU=Message
SENDCMNT = NOTE=Not Received


※2 NACSIS-ILL上のエラー受信履歴の記録例
SENDCMND = APDU=Status-Or-Error-Report
SENDCMNT = ERROR=ISO 10161 Shipped apdu / 1 / 3 / NOTE=Unable to locate request in database




前ページへ
15

次ページへ