NACSIS-CAT/ILLニュースレター29号 (2010.2.26)


平成21年度NACSIS-CAT/ILLワークショップの実施報告

  平成21年12月2日(水)〜4日(金)に開催した「NACSIS-CAT/ILLワークショップ」では,「目録業務のマネージメント」をテーマにグループ討議の課題として,以下の二つを設定しました。
   ・ 目録業務外注仕様書の改訂
   ・ NACSIS-CAT/ILLセルフラーニング教材の改善案・新規教材原案の作成

  受講者は選択した課題について,事前に現状分析・問題提起とその改善案・原案を提出し,それに基づき研修初日にプレゼンテーションを行いました。さらに下記の講義・事例報告を通じて,問題点の明確化・問題意識の共有化が進み,グループ討議及び全体討議を経て,より具体的な提言を成果物として提出することができました。3日間のカリキュラムを通じて,異なる立場の担当者が主体的・集中的に協働作業を行い,問題解決をするという「目録関連業務における機関内の中核的人材」養成にふさわしいワークショップになりました。

 
   ◆ 講義内容

講義名
講師
NACSIS-CAT/ILLの理念および現状
平田 義郎
(国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術コンテンツ課係長)

目録業務におけるスキル継承への
  取り組み

矢崎 美香
(九州女子大学・九州女子短期大学 附属図書館主査)
長崎大学における遡及入力プロジェクト(事例報告) 西村 理絵
(長崎大学学術情報部学術情報管理課 学術情報管理班主査(図書情報担当))
受託の視点から見た目録業務
  マネージメント
長澤 正樹
(丸善株式会社 学術情報ソリューション事業部 ネットソリューションセンター MaruzenCATSグループ担当部長)
NACSIS-CAT/ILLセルフラーニング
  教材の現状と課題
高野 真理子
(NPO法人大学図書館支援機構 副理事長)

 
   ◆ 発表内容
発表タイトル
受講者
目録業務外注仕様書モデル改善案
小澤亜紀子 (武蔵大学) 八神加奈 (日本社会事業大学)
佐藤友治 (文化女子大学) 渡邉尚也 (東京家政大学)
原健治 (同志社大学)  

実践的なセルフ・ラーニング

金子尚登 (鳥取大学) 田中俊二 (山口大学)
三枝弘 (東北文化学園大学) 溝口真澄 (東京大学)
NACSIS-CAT/ILL セルフラーニング教材の改善案・新規作成原案 岸本一志 (北海道大学) 中村美里 (東京大学)
須賀井理香 (東京大学) 檜原啓一 (東北大学)


  講義資料,受講者の成果物等は,教育研修事業ウェブサイトで公開しています。

(教育研修事業担当)



前ページへ
11

次ページへ