コーディングマニュアル (リモートアクセスされる電子ブックに関する取扱い及び解説)  


















































リモートアクセスされる電子ブックに関する取扱い及び解説
(平成22年2月26日版、平成22年4月より適用)

  本取扱いでは、書誌レコード作成にあたって、リモートアクセスされる電子ブックが図書資料と大きく異なる点を取りまとめた。ここでは各事項についての基本的な考え方を示すにとどめ、詳細な規則や記述例については、別途作成している「コーディングマニュアル(リモートアクセスされる電子ブックに関する抜粋集)」で規定する。なお、電子ブックという名称については、ローカルアクセスで利用する電子ブックと混同する恐れがあるため、タイトルに「リモートアクセスされる」を付している。
  また、本取扱いおよび「コーディングマニュアル」は、基本的には日本目録規則1987 年版改訂3 版(以下、NCR87R3)および英米目録規則第2 版2002 年改訂版2005 年アップデート(以下、AACR2 Update2005)に準拠している。

※講師を御担当いただく講習会のコース,会場,日時,担当内容等は御希望を承ったのちに,平成22年度開催予定館と調整のうえ決定させていただきます。正式に決まり次第,御本人及び所属長宛に依頼文書を送付いたします。

  ここ数年で、インターネット上のコンテンツとして利用できる図書、いわゆるリモートアクセスされる電子ブック(以下、「電子ブック」)が数多く存在するようになったことは、御承知のとおりです。
  総合目録データベースにこれら電子ブックを登録できるよう、多くの図書館から要望されています。電子ブックを含む電子情報資源については、「次世代目録所在サービスの在り方について(最終報告)」(以下、最終報告)でその取扱いの方向性が示されています。しかしながら、その方向性に沿って総合目録データベースで電子情報資源を取り扱うようになるには時間が掛かります。
  そこで、最終報告に沿った取扱いができるまでの間、電子ブックの取扱いができるように、暫定的な規則を作成しました。
  以下に、取扱いの基本方針を示します。

1. 適用範囲
  今回の取扱いでは、目録所在情報サービスを利用して図書館が入力すべきもの、図書館がデータ登録及び提供に責任をもって関与できるものという枠内で、適用範囲を考えています。また、ネットワークを通じてリモートで利用するものを適用範囲とし、CD-ROM形態等のローカルアクセスで利用する電子ブックは適用範囲としません(これらについては、従来の図書書誌レコードの記述方法で対応します)。

2. 収録ファイル
  従来の図書書誌ファイル及び図書所蔵ファイルに記録します。
  これは、電子ブック用のファイルを、別に用意するまでの暫定的な処置です。この暫定処置で作成されたレコードは電子ブック用ファイルができた後、そちらへの移行を予定しています。









目次ページへ
1

次ページへ