コーディングマニュアル (リモートアクセスされる電子ブックに関する抜粋集)  


















































コーディングマニュアル(リモートアクセスされる電子ブックに関する抜粋集)
(平成22年2月26日版、平成22年4月より適用)

2.0.7 リモートアクセスされる電子ブックの書誌記述
  当面、リモートアクセスされる電子ブック(以下、電子ブック)の書誌記述に関しては、本規定を暫定的に適用する。

2.0.7A 〔適用範囲〕
この入力基準を適用するのは、以下の条件をすべて満たす電子ブックとする。
  (1) 逐次刊行物の定義に合致せず、一般的に書籍として扱われるもの。
  (2) 図書館でアクセスを保証できるもの。具体的には、出版者から購入している電子ブックや図書館等で作成・提供している電子的研究報告書類など。ILLで利用可能かどうかは問わない。
  (3) ネットワーク上で提供されており、URLなどリモートアクセスのための識別子をもつもの。
以下のものには、この入力基準を適用しない。
  (1) 一般的に書籍として扱わないインターネット上のコンテンツ。
  (2) 図書館としてアクセスを保証できない、ライセンスフリーの電子ブック。
  (3) CD-ROM形態等のローカルアクセスで利用する電子ブック(これらについては、従来の図書書誌レコードの記述方法で対応する)。
  (4) 全文データベースや2次情報データベース。

2.0.7B 〔書誌レコードの作成基準〕
B1 (原則)

  ネットワーク上の電子資料とは別に、冊子体やCD-ROM等の異なる資料種別で刊行されている場合は、それぞれ別の書誌レコードを作成する。親書誌レコードについても別の書誌レコードを作成する。

B2 (タイトル変化)
  刊行途中で変化があった場合は、変化前と変化後で別書誌レコードは作成せず、最新のタイトル等を記録する。変化前のタイトル等はVTフィールドにコードOHを付して記録する。また、タイトルの変化の情報とともに、NOTEフィールドにも記録する。

B3 (複数のアクセス先)
  同一の電子ブックが複数のアクセス先を持つ場合は、別の書誌レコードとはしない。IDENTフィールドに複数のアクセス先を記述する。(→ 2.0.7D5.2)

B4 (ファイルフォーマット等の違い)
  同一の電子ブックが、HTMLやPDF等、複数のファイルフォーマット(文字セット、言語の違いも含む)で提供されている場合は、別の書誌レコードとはしない。
  NOTEフィールドに複数のファイルフォーマットを記述する。(→ 2.0.7D6.5)









目次ページへ
1

次ページへ