NACSIS-CAT/ILLニュースレター31号 (2010.12.28)

学術コンテンツ運営・連携本部 図書館連携作業部会の
ワーキンググループについて

  国立情報学研究所では,我が国の学術研究・教育活動の促進に資することを目的に,大学等との連携による最先端学術情報基盤(CSI:Cyber Science Infrastructure)の整備を推進しています。次世代学術コンテンツ基盤の共同構築については,「学術コンテンツ運営・連携本部」の下に設置した「図書館連携作業部会」が中長期的な視野に立った検討をしており,更に具体的な検討事項についてはワーキンググループ(WG)を組織し,調査・分析を行ってきました。
  WGには,作業部会委員及び大学図書館の実務担当者(平成21年度〜)にメンバーとして参加いただいており,平成22年度は以下のWGを設置して活動を行っています。
  ・WG1(次世代コンテンツ基盤・目録関連WG)
  ・WG2(機関リポジトリ関連WG)
  ・WG3(教育研修事業関連WG)
  
  本誌では,平成22年度の各WGのタスクとメンバーを御紹介します。

WG1(次世代コンテンツ基盤・目録関連WG)

  WG1は,平成20年度に最終報告書をまとめた「次世代目録ワーキンググループ」の活動を発展的に継承したものです。新世代学術コンテンツ基盤の在り方をめぐる検討や『次世代目録所在情報サービスの在り方について(最終報告)』の具体化に向けて,下記の6つのタスクの検討を行っています。

   ・ NACSIS-CAT/ILLの運営方式の再検討
   ・ 目録およびメタデータに関連する標準化の動向調査と対応可能性の検討
   ・ 認証基盤の確立に向けた検討
   ・ デジタル資料への対応の検討
   ・ NACSIS-CATのAPI開発
   ・ 遡及入力事業の方向性の検討・書誌の品質の再定義

    WG1メンバー
    主査
    東北学院大学
    佐藤 義則
    図書館連携作業部会委員
    東北大学
    加藤 信哉
    千葉大学
    竹内 比呂也
    東京大学
    尾城 孝一
    一橋大学
    渡邉 俊彦
    早稲田大学
    荘司 雅之
    帝塚山学院大学
    渡邊 隆弘
    国立情報学研究所
    大山 敬三
    国立情報学研究所
    山地 一禎
    大学の実務担当者
    北海道大学
    野中 雄司
    山形大学
    山田 俊幸
    富山大学
    長谷部 涼子
    東京工業大学
    問谷 実希
    横浜国立大学
    平田 義郎
    京都大学
    渡邉 英理子
    九州大学
    片岡 真
    宮崎大学
    寸田 五郎
    慶應義塾大学
    酒見 佳世
    国立情報学研究所
    コンテンツセンター
    大向 一輝,
    蔵川 圭
    米澤 誠,杉田 いづみ,高橋 菜奈子,
    齊藤 泰雄,渡辺 眞樹,藤井 眞樹





前ページへ
4

次ページへ