コーディングマニュアル 7.0通則  






































































7.0D[情報源]
7.0D1(記述の基準号)
(初号主義)
  データの記述を行う上の基準号として優先的に採用されるのは,初号である。初号が入手できない場合は,入手できるものの最初の号(所蔵最古号)に基づいてデータ記入を行う。(→AACR2R88 12.0B)
  初号以外の号で記述を行った場合,記述の基準とした号についてNOTEフィールドに記録する必要がある。

(基準とする号の修正)
  情報源としての優先度は,初号に近い号ほど高くなる。従って,既存の書誌データが記述の基準とした号よりも初号に近い号を入手した場合は,その号に基づいて書誌データの書き換えを行うことになる。

7.0D2(主情報源)
  主情報源は,AACR2R88 12.0Bに準拠する

  以下,AACR2R88の対応条文(訳)を示す。

  『AACR2R88 12.0B.情報源
  12.0B1. 印刷形態の逐次刊行物
  主情報源
  印刷形態の逐次刊行物の主情報源は,初号のタイトルページ(発行時のものであっても,後の出版のものであってもよい),またはタイトルページの代替物である。初号がない場合は,主情報源は入手できるものの最初の号とする。タイトルページを欠く記述対象のタイトルページの代替物は,(以下の優先順位で)各巻のタイトルページ(analy-tical title page),表紙,巻頭見出し(caption),題字欄(masthead),エディトリアル・ページ,奥付,その他のページである。タイトルページ代替物として使用した情報源は注記すること(12.7B3を見よ)。慣習的にタイトルページに示される情報が,見開きページに表示してある場合,情報の重複の有無にかかわらず,この2ページをタイトルページとして扱う。
  東洋系非ローマ字による印刷形態の逐次刊行物の場合,奥付が完全な書誌的情報を含み,かつ次のものに該当するならば,奥付を主情報源とする。
  a.タイトルページがあるべき位置のページに,本タイトルしかない。もしくは,
  b.タイトルページに,筆記体の本タイトルしかない。もしくは,
  c.タイトルページに,西洋語形のタイトル及び西洋語形のその他書誌的情報しかない。』


7.0D3(規定の情報源)
  各データ要素の規定の情報源は,AACR2R88 12.0B,AACR2R2002 12.0B3に準拠する。

  以下,AACR2R88の対応条文(訳)を示す。なお,「数字および(または)アルファベット...」と「出版,頒布など」の規定の情報源については,AACR2Amen93での変更を反映している。

  『AACR2R88 12.0B1(続き)
  規定の情報源
  印刷形態の記述の各エリアに対する規定の情報源は,下記の通りとする。規定の情報源以外から得た情報は,角括弧に入れる。

[エリア]                                                      [規定の情報源]
タイトルと責任表示                                         タイトルページ
版                                                               タイトルページ,その他の前付け部分,奥付
数字および(または)アルファベット,                 逐次刊行物全体(AACR2R88ではタイトル
年月次,またはその他の表示                          ページ,その他の前付け部分,奥付)
出版,頒布など                                             逐次刊行物全体(AACR2R88ではタイトル
                                                                  ページ,その他の前付け部分,奥付)
形態的記述                                                  逐次刊行物全体
シリーズ                                                      逐次刊行物全体
注記                                                           あらゆる情報源
標準番号と入手条件                                     あらゆる情報源』















































目次へ
1

次ページへ
2006.03
7.0-03