コーディングマニュアル 23.0 雑誌書誌レコード修正指針  






































































23.0 雑誌書誌レコード修正指針


23.0A[修正の範囲]

A1

  次の場合には,修正を行う必要がある。

      1. 初号,所蔵最古号などの優先順位の高い情報源を発見した
      2. データに明らかな誤りがある
      3. データが基準や目録規則と合致しない(書誌レコードの作成単位を含む)

A2
  次のような場合には修正を行うことが望ましい。

      4. 入力レベルが「選択」である項目に対するデータの記録・追加
      5. 入力レベルが「必須」であるフィールドで,複数のデータが存在し得るときの2番目以降のデータの記録・追加

A3
  データが未記録であるときの記録・追加については,改めて書誌の同定を行う必要がある。

A4
  上記に定めるもの以外の修正は,行ってはならない。

(例)自館の都合によるデータの削除


23.0B[修正作業
  修正作業は,修正項目を発見した館(以下,「発見館」という)が慎重に検討の上,行うものとする。

23.0C[報告] (→6.0F)(→7.0F)

C1
  GMD,SMD,YEARフィールド以外のコードフィールド,PRICEフィールド,誤字・脱字等の明らかな誤りの修正については,学術情報センターに報告する必要はない。

C2
  その他の修正については,原則として学術情報センターに報告するものとする。
  特に,次のような新たな書誌単位の作成に関わる修正については,修正の内容について必ず学術情報センターに報告するものとする。
  学術情報センターでは,その報告に基づきデータ修正の妥当性をチェックし,必要があればさらに修正作業を行う。

      1. TR,ED,VLYR,PUBフィールドの修正を行った場合
      2. タイトル変遷が発生し,書誌レコードの修正や新規レコードの作成を行った場合
      3. 重複書誌が発生し,一方の書誌レコードを削除する必要性が生じた場合

C3
  質疑のある場合は,必要に応じて学術情報センターと連絡・協議を行うこととする。




















































変更


目次へ
1

次ページへ
2010.12
23.0-01