(導入編)

  NACSIS-CATは,オンライン共同分担目録方式により,全国規模の総合目録データベース(図書・雑誌)を形成するためのシステムです。それぞれの参加館は,NACSIS-CATの書誌情報や所蔵情報をダウンロードして,各図書館のOPAC作成を行うことができます。
  また,ここで作成された総合目録データベースを利用して,それぞれの図書館が自館で所蔵していない資料を相互に提供する「図書館間相互協力」を,NACSIS-ILLシステムにより実施しています。
  さらに,NACSIS-CATで作成された総合目録データベースを,NIIの学術系コンテンツサービスであるWebcatやWebcat Plusを通じて,一般の利用者にも提供しています。

  NACSIS-CAT/ILLシステムの利用開始にあたっては,以下の点に留意してください。

  NACSIS-CAT/ILL参加館(以下「参加館」という。)は,以下を実施する必要があります。

(利用者番号およびパスワードの管理)
1. 利用者番号とパスワードは,関係者(目録担当者,ILL担当者等) 以外に知られないように厳重に管理する。

(目録システム講習会の受講)
2. 目録システム(NACSIS-CAT)の業務での利用開始に先立ち,目録担当者は,必ず1名以上,目録システム講習会を受講する。

(NACSIS-CAT/ILL両システムの利用)
3. 原則として,NACSIS-CAT/ILL両システムを利用する。

(その他)
4. 遵守事項(「国立情報学研究所目録所在情報サービス利用規程」第6条)を遵守する。



































前ページへ
2

次ページへ