NACSIS-CAT/ILLニュースレター33号 (2011.7.29)


東日本大震災による計画停電への対応について(報告)

  東日本大震災の影響による東京電力の計画停電により,目録所在情報サービスは3月14日未明にサービスを停止しました。これは,目録所在情報サービスを提供している国立情報学研究所のサーバが計画停電の対象地域である千葉市にあったため,サーバの継続的稼働の見込みが立たないことから停止したものです。その後,3月16日から,計画停電に合わせた形での限定的サービスを再開いたしました。サービス提供時間と利用状況は以下のとおりです。

3月11日震災後のサービス時間と利用状況
日付
サービス時間
接続端末
3/11(金)
9:00〜20:00 (震災発生)
44,337
3/12(土)
9:00〜20:00 (震災発生)
9,551
3/16(水)
8:00〜10:00, 18:00〜20:00
23,946
3/19(土)
9:00〜16:00
11,512
3/23(水)
15:00〜20:00
13,894
3/24(木)
8:00〜18:00
54,369
3/25(金)
10:00〜20:00
44,833
3/26(土)
8:00〜10:00
9,900
3/28(月)
9:00〜20:00
38,439
3/29(火)
9:00〜20:00
41,132
3/30(水)
9:00〜20:00
40,982


  4月1日以降は,サービスをほぼ通常運用の形で提供することが可能となりました。停止していた海外ILLについても,4月14日から通常運用を再開しました。
  また,地震の影響によるILLレコードの特別措置およびレコード調整の特別措置を行いました。

  今夏季期間については,国立情報学研究所では縮退運転により,節電を実施いたします。各サービスへの影響はありません。

(学術コンテンツ課)




前ページへ
5

次ページへ