統一書名典拠レコード作成にあたっての
「日本古典籍総合目録データベース」との調整手順


平成23年12月公開

  統一書名典拠レコードの作成(修正)にあたって、日本古典籍総合目録データベースの著作レコードについて、その内容に疑義がある場合は、以下のとおり、国文学研究資料館あてに連絡してください。
(以下、日本古典籍総合目録データベースとの異同を発見した参加館を「発見館」とします。)

1) 発見館は、NACSIS-CATの統一書名典拠レコードを作成(修正)します。
HDNG→疑義がある点は、訂正の上、記述します。
           日本古典籍総合目録データベースの著作IDは、KOTEN:****として記述します。
NOTE→「日本古典籍総合目録データベースと異同があるため調整中」と記述します。

2) 発見館は、国文学研究資料館の担当部署に、手元の資料と日本古典籍総合目録データベースの内容に異同がある旨の連絡を行います。
連絡の際に必要な項目は、以下のとおりです。

     ・ 作成した統一書名典拠レコードのID
     ・ 日本古典籍総合目録データベースの著作ID(WID)および統一書名
     ・ 異同があると思われる内容
     ・ 根拠/情報源(メールのPDF/画像ファイル添付もしくは別途FAX送付)

    連絡先:国文学研究資料館 学術情報課 マイクロ資料目録係
        E-Mail:qa-koten[at]nijl.ac.jp [at]を@に変えてください。
        FAX:042-526-8606
        ※原則として、E-Mailで連絡。

3) 国文学研究資料館で、内容の確認および参考資料等の調査を行い、日本古典籍総合目録データベースの修正を行うか否かを決定します。
修正を行う場合には、その結果が公開されるまでに早くても3か月程度かかりますのでご注意ください。
修正を行うか否かについては、決定次第、国文学研究資料館から、発見館に連絡があります。




































目次へ
1

次ページへ