コーディングマニュアル(特殊文字・特殊言語資料に関する抜粋集)
(平成23年12月9日版)

0. 適用範囲
  日本語および英語等のラテン文字以外で書かれた資料のうち,別途規則の定められている文字・言語(中国語,韓国・朝鮮語,アラビア文字,タイ文字,デーヴァナガリ文字)を除いた文字・言語で書かれたものを特殊文字・特殊言語資料とする。

1. 目録用言語
1.1.1B 〔目録用言語〕
  特殊文字・特殊言語資料においては,目録用言語として英語を用いる。ただし,必要に応じて,目録対象資料の本文の言語を目録用言語として使用できる。

2. 転記の原則
  特殊文字・特殊言語資料においては,転記の原則に従い,原則として,記述対象資料に表示されているままの字体等を使用する。ただし,目録システムにおいて使用可能な文字(目録システム用文字セット)ではない場合は翻字で入力することができる。
  ただし,書字方向が右から左の文字のうち,数字のみ書字方向が逆になる場合は,転記の原則の例外としてアラビア数字で記入する。なお,この場合,原綴をVTに記入する。

3. 図書書誌レコード
3.1 タイトルおよび責任表示 TR
(ヨミ)
  特殊文字・特殊言語のうち,正書法で分かち書きをしない言語の書誌レコードにおいては,タイトルの原綴の分かち書きを,TRRに記録する。分かち書きの単位は単語単位とする

(その他のヨミ)
  特殊文字・特殊言語資料においては,タイトルのALA-LC翻字形を,その他のヨミとしてTRVRフィールドに記録する。ALA-LC翻字形を記録できない場合は,ALA-LC翻字形以外の翻字形を記録することができる。ALA-LC翻字形以外の翻字形を記録した場合は,採用した翻字規則等について,NOTEフィールドに記録する。

3.2 その他のタイトル VT
(ヨミ)
  特殊文字・特殊言語のうち,正書法で分かち書きをしない言語の書誌レコードにおいては,その他のタイトルの原綴の分かち書きを,VTRに記録する。分かち書きの単位は単語単位とする。

(その他のヨミ)
  特殊文字・特殊言語資料においては,その他のタイトルのALA-LC翻字形を,その他のヨミとしてVTVRフィールドに記録する。ALA-LC翻字形を記録できない場合は,ALA-LC翻字形以外の翻字形を記録することができる。ALA-LC翻字形以外の翻字形を記録した場合は,採用した翻字規則等について,NOTEフィールドに記録する。




































目次へ
1

次ページへ