NACSIS-CAT/ILLニュースレター36号 (2012.12.25)



平成24年度NACSIS-CAT/ILLワークショップの実施報告

  平成24年7月18日(水)〜20日(金)に,「目録業務における外部データ活用のモデル設計」をテーマに,国立情報学研究所国際高等セミナーハウス(長野県軽井沢町)においてNACSIS-CAT/ILLワークショップを開催しました。
  今年度のワークショップは,外部データの活用をテーマに,運用体制やシステムの改善を検討し,今後の目録業務のあり方を考える契機とすることを目的に,3日間の合宿形式で行いました。受講者は,グループ討議のテーマとして,「TRCMARCの事前書誌登録」「NDL-OPAC及び国立国会図書館サーチからの事前書誌登録」「書誌名寄せ技術を活用した重複除去」のいずれかを選択し,各グループとも活発に討議を行いました。最終日は,成果発表と講師も交えた全体討議を行い,大変有意義なワークショップとなりました。

   ♦ 講義内容

講義内容

講師

  NACSIS-CATの現状と課題

佐藤 義則

東北学院大学 文学部教授

  TRCMARC作成の実際

松木 暢子
伊藤 洪二

株式会社図書館流通センター
データ事業部

  JAPAN/MARCデータの提供について

大柴 忠彦

国立国会図書館 収集書誌部

  CiNiiの名寄せ技術

大向 一輝

国立情報学研究所
コンテンツ科学研究系准教授

  外部MARCを活用した目録業務の実際

河野 江津子

慶應義塾大学メディアセンター本部

   ♦ グループ発表内容

発表タイトル

受講者

  TRCMARCの事前書誌登録
  について

池上道代(東洋英和女学院大学)

柿本匡晶(神戸市外国語大学)

山本豪(鳴門教育大学)

吉村康子(園田学園女子大学)

  目からウロコの新目録
  システム

大塚由希子(山口大学)

橋井嘉枝子(鳥取大学)

矢崎美香(九州女子大学)

 

  みんなでつくろう,
  らくらく目録

工藤絵理子(九州大学)

平田栄夫(北海道大学)

益本禎朗(神戸大学)

 

  講義資料,受講者の成果物等は,教育研修事業ウェブサイトで公開しています。

(教育研修事業担当)



前ページへ
13

次ページへ