NACSIS-CAT/ILLニュースレター40号 (2015.3.27)


NACSIS-CAT/ILL運用ガイドラインの一部改訂について

  今年度「目録システム講習会検討ワーキンググループ」を設置して目録システム講習会について見直しを行った結果,平成27年度以降についてはセルフラーニング(SL)教材での受講を目録システム講習会の受講と同等に扱うことといたしました。これに伴い,NACSIS-CAT/ILL運用ガイドラインの「(目録システム講習会の受講)2.目録システム(NACSIS-CAT)の業務での利用開始に先立ち,目録担当者は,必ず1名以上,目録システム講習会を受講する。」の箇所を改訂いたしました。


(NACSIS-CAT/ILL担当)





平成27年度目録システム講習会について

  「目録システム講習会検討ワーキンググループ」は,講習会開催・運営の負担増大の現状や,書誌レコード登録機関に偏りがあるといった分析に基づき,平成27年度および28年度以降の開催内容について検討を行いました。その結果,SL教材整備により集合研修を代替する手段が整ったことから,目録システム講習会は平成27年度開催を以って終了することといたしました。他方,多様な書誌事例について理解を深め,知識・技能を修得するための集合研修(目録システム書誌作成研修)を試行します。


※NACSIS-CAT/ILL運用ガイドライン解説改訂により,目録システム講習会およびSL教材の修了者を目録システム講習会の修了者とすることとした。

 講習会開催に係る情報は,『平成27 年度教育研修事業要綱』として,平成27 年4 月に各機関 宛に冊子をお送りするとともに,下記のウェブサイトでもお知らせします。

(教育研修事業担当)




前ページへ
6

次ページへ