NACSIS-CAT/ILLニュースレター41号 (2015.9.30)


これからの学術情報システム構築検討委員会の
活動について


  NACSIS-CAT/ILLニュースレター40号でご紹介しましたとおり,これからの学術情報システム構築検討委員会は「電子情報資源を含む総合目録データベースの強化」に関する事項を企画・立案し,学術情報資源の基盤構築,管理,共有および提供にかかる活動を推進することを目的として検討を進めています。
  委員会では,4月28日に平成27年度第1回委員会(通算第11回)を開催し,現時点での検討状況を「これからの学術情報システムの在り方について」としてまとめ,公開しました。

  また,委員会の当面の課題に対して大学図書館等と国立情報学研究所による連携した検討を進めるため,2つの作業部会を設置しました。

作業部会
1. 電子リソースデータ共有作業部会
 ・  目的
電子情報資源のデータの管理・共有に係る検討・調査・提案
 ・  設置年月
平成27年4月
 ・  作業部会委員

  東京学芸大学 教育研究支援部 学術情報課長

小野 亘

主査

  お茶の水女子大学図書・情報課係員(情報基盤担当)

香川 朋子

 

  電気通信大学 学術情報課 学術情報サービス係主任

上野 友稔

 

  京都大学 附属図書館 情報管理課 雑誌情報掛

塩野 真弓

 

  慶應義塾大学 メディアセンター本部 電子情報環境担当

古賀 理恵子

 

  国立情報学研究所 学術基盤推進部 図書館連携・協力室

塩出 郁

 

  国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術コンテンツ課 係長

片岡 真

 

  国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術コンテンツ課 係長

上村 順一

 

  国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術コンテンツ課 係員

古橋 英枝

 

2. NACSIS-CAT検討作業部会
 ・  目的
NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化に係る検討・調査・提案
 ・  設置年月
平成27年7月









目次へ
2

次ページへ