NACSIS-CAT/ILLニュースレター42号 (2016.3.4)


これからの学術情報システム構築検討委員会の
活動について


  これからの学術情報システム構築検討委員会では平成27年5月29日付で公開した「これからの学術情報システムの在り方について」に引き続き,NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化に関する基本方針案についての検討状況を平成27年10月27日付で公開しました。

  本委員会の平成27年度活動報告および平成28年度活動計画については,電子リソースデータ共有作業部会およびNACSIS-CAT検討作業部会の活動も含め,平成28年2月23日に開催した国立情報学研究所と大学図書館との連携・協力推進会議にて報告・審議されました。当日資料および議事要旨が近日中に公開予定ですので,あわせてご覧ください。

(CiNii/新CAT担当)




ERDB-JP(国内刊行電子リソースのナレッジベース)の
パートナー募集と活用事例について

  NACSIS-CAT/ILLニュースレター41号でご紹介しましたとおり,平成27年6月11日よりERDB-JP(国内刊行電子リソースのナレッジベース※)のデータ作成機関=パートナーを募集しています。パートナー登録手順をご参照の上,ぜひ参加をご検討ください。

ナレッジベースとは,電子ブック・電子ジャーナル等の電子リソースについて,タイトル単位のアクセス情報を管理するデータベースです。


1. パートナー一覧
平成28年2月1日現在のパートナーは以下のとおりです。
(ア) パートナーA(29機関:国18,公1,私6,共2,他2) ※機関名五十音順
     秋田大学,大阪教育大学,大阪市立大学,岡山大学,お茶の水女子大学,
帯広畜産大学, 鹿児島大学,金沢大学,九州大学,京都大学,
慶應義塾大学,神戸松蔭女子学院大学, 国際農林水産業研究センター,
国立極地研究所,国立情報学研究所,島根大学, 西南学院大学,筑波大学,
電気通信大学,東京海洋大学,東京学芸大学,富山大学,
農林水産研究情報総合センター,一橋大学,広島大学,佛教大学,
北海道大学,立命館大学, 早稲田大学
  (イ) パートナーB(4機関:国1,私3) ※機関名五十音順
     京都精華大学,甲南大学,同志社大学,名古屋工業大学







目次へ
2

次ページへ