NACSIS-CAT/ILLニュースレター5号 (2001.12.20)


学術雑誌総合目録欧文編2002年版データ更新作業の進捗状況


1.  参加状況
  平成13年度から2か年計画で開始した,学術雑誌総合目録欧文編2002年版のデータ更新作業は,全国説明会も完了し,現在,平成14年3月末までのデータ作成を目標に,各図書館において作業を進めていただいております。
  データ更新への参加状況は,次のようになっています。今回からは,従来のオンライン未接続館を対象とした新たなデータ更新方式として,所蔵登録専用クライアントWebUIPによるデータ更新を用意しました。WebUIPは,図書館側で特別なソフトウェアを導入することなく,Webブラウザだけでオンライン更新することが可能な方式です。従来の目録システムを利用したオンライン方式とWebUIP方式を合わせたオンライン更新方式は,全体の9割を超えることになりました。
データ更新方式 欧文編2002年版 和文編2000年版
オンライン(目録システム)* 1,023(77.8%) 829(62.8%)
オンライン(WebUIP) 170(12.9%)
磁気テープ 43(  3.2%) 88(  6.7%)
データシート 80(  6.1%) 140(10.6%)
CD-ROMデータ作成システム** 263(19.9%)
その他 2(  0.1%)
1,318 1,320

   * 自動登録システムの利用を含む, ** 今回から提供中止

2. 書誌レコード修正作業に伴う情報源送付依頼
  各図書館のデータ更新作業と並行して,NIIでは,下記のようなデータ内容に不備のある欧文雑誌書誌レコードの修正作業を実施しています。
   (修正作業の対象となる書誌レコード)
     ・   出版事項(PUB)の記述に不備があるもの,または記述がないもの。
     ・   記述根拠号を示す注記(NOTE)の記述に不備があるもの,または記述がないもの。
     ・   タイトルの言語(TTLL),本文の言語(TXTL)の記述がないもの
     ・   巻次年月次(VLYR)の記述に不備があるもの。
     ・   その他
  この修正作業に必要な情報源の確認のために,記述根拠号を所蔵する図書館に対して,情報源の送付依頼をしています。依頼件数が多くなる場合もありますが,総合目録データベースの品質向上のためですので,御理解・御協力の程よろしくお願いします。
(文字情報係)
 

前ページへ
13
次ページへ