NACSIS-CAT/ILLニュースレター6号 (2002.3.29)



和漢古書に関する取扱い(案)及び解説の公開

1.経緯
  本研究所では,総合目録データベースへの和漢古書の入力を可能とするため,平成12年度から総合目録委員会の下に「古籍の取扱いに関する小委員会」を設置し,和漢古書整理の経験者・有識者の方々を委員として検討を行ってきました。
  小委員会では,既存の目録規則等の比較検討をした上で,取扱い上の問題点の整理,書誌レコードの記録方法などについて数回にわたる審議を行いました。今回,「和漢古書に関する取扱い(案)及び解説」という形でその成果がまとまりましたので,本号付録として公開いたします。下記URLでも,PDF版の資料を公開しています。
  http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/INFO/kosho-atsukai.html

  解説にも記した通り,本取扱い(案)で記述していない詳細な取扱いについては,別途作成している「コーディングマニュアル(案)」で規定,例示等を行います。コーディングマニュアルはまだ審議中の段階ですが,取扱いの方針等について理解の手助けになると考え,これも平成14年4月上旬にホームページで公開する予定です。

2.今後のスケジュール
  平成14年4月末までに,本取扱い(案)に関する御意見を各機関からいただいた上で,平成14年度中に最終的な取扱いを定め,各機関での入力を開始していただけるよう諸規定の整備をします。
  なお,本取扱いに関する御意見は,下記の方式でお送りください。
(1) ホームページで公開している「NACSIS-CAT/ILLWWWによる質問受付」を利用する。入力時の質問タイトルは,「和漢古書取扱い(案)について」とする。
(2) FAXもしくはE-mailで送付する(文書ファイルのメール添付も可)。
送り先:コンテンツ課コンテンツ形成管理係
        FAX:03-4212-2375,E-mail:tosho@nii.ac.jp

  平成14年度には,いただいた御意見をもとに,再度,取扱い(案)及びコーディングマニュアルの検討をいたします。小委員会で継続審議を行い,あらためて案を提示いたします。


(コンテンツ形成管理係)

前ページへ
前ページへ
3 次ページへ
次ページへ