NACSIS-CAT/ILLニュースレター6号 (2002.3.29)


5.韓国・朝鮮語資料の取扱いに関する小委員会(平成13年度)
    平成13年度第1回(平成13年9月13日)
    平成13年度第2回(平成13年12月11日)
  平成13年度第1回小委員会にて,原案に対して寄せられた意見・要望内容を個別に検討し,最終案を作成した。
  意見・要望は,ハングル入力,分かち書き入力への対応が難しく,結果として入力,検索に支障をきたすのではないかという点に要約された。
  これについては,以下のような考え方で対応することとし,ハングルによる入力と検索を基本にした原案の方針に変更は加えないこととした。
  ・ WebUIP,Webcatによりハングル入力・検索の環境を提供する。
  ・ 入力を補助する資料・ツール類を公開することで,入力・検索時の負担を減らす。
  ・ わかりにくい表現の修正,用例の追加,公開時にこれまでの検討経過と解説を付けて,韓国・朝鮮語の取扱いへの理解を得る。









前ページへ
 
次ページへ