NACSIS-CAT/ILLニュースレター7号 (2002.7.1)


RLGとの目録システム間リンクの運用開始



  平成14年6月から,NACSIS-CATを通じてRLG(The Research Libraries Group, Inc.)の提供するデータの参照利用が可能となりました。今回利用可能となるのは,RLG Union Catalog: Bibliographic filesに含まれる7つのデータベースです。以下に概要と,利用にあたっての主な注意事項をお知らせします。
  なお,この機能は本誌6号でお知らせした,NACSIS-CAT Z39.50クライアント機能により実現しています。

1.概要
  参照ファイル名 RLG
データベース名
内容 収録レコード数
(平成14年6月現在)
1 RLGBKS BKS Books(図書)
121,834,669件
2 RLGSER SER Serials(雑誌)
6,327,224件
3 RLGAMC AMC Archival and Mixed Collections
(文書・手稿)
694,267件
4 RLGMAP MAP Maps (地図)
581,848件
5 RLGMDF MDF Computer Files (電子ファイル)
89,667件
6 RLGREC REC Sound Recordings (音盤)
2,065,333件
7 RLGSCO SCO Scores (楽譜)
1,803,559件
8 RLG RLG 上記1〜7の順に全データベースを
検索対象とする
133,396,567件

各データベースの特徴や収録件数の詳細は,RLGのホームページを参照してください。
  データの特徴    http://www.rlg.org/cit-bib.html
  収録件数         http://www.rlg.org/bibsize.html

2.主な注意事項
  ・ 総合目録データベース,既存参照ファイルを検索した上でなおもノーヒットの場合にのみ検索してください。
  ・ サーバに過度の負担がかかるため,ヒット件数が大量となる検索(普通名詞1語による検索等)はあらかじめ避けてください。
  ・ RLGのシステム停止時,また,アクセス混雑時には利用できません。

その他の注意事項やシステム仕様については,下記ページをご覧ください。
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/INFO/newcat/z3950/client_rlg.html

(コンテンツ形成管理係)



前ページへ
2
次ページへ