NACSIS-CAT/ILLニュースレター8号 (2002.9.13) 

グローバルILL(ILLシステム間リンク)利用申込募集

 

以下の要領で,「グローバルILL利用申込[OCLC版]」を募集します。

なお,ILLシステム間リンクを使った国際的なILL業務は,「国際ILL」「OCLCとのILLシステム間リンク」と表現していましたが,今後は,「グローバルILL」と表現します。

1  グローバルILLの概要

日米大学図書館間の協議及び国立情報学研究所とOCLC Online Computer Library Center Inc. との協議の結果,NACSIS-ILLとOCLCのILLシステムとの接続(「ILLシステム間リンク」)が実現し,平成14年4月15日からこのILLシステム間リンクによる国際的なILL業務の運用(「グローバルILL」)が開始されました。

この結果,NACSIS-ILL参加館は,「グローバルILL」に参加することによってNACSIS-ILLを使用したOCLCメンバー館への文献複写依頼が可能となり,また逆にOCLCメンバー館からの依頼を受け付けることにもなります。ただし,OCLCメンバー館とのILL業務には従来のILLクライアントは,使用できません。現時点では,「ISO ILLプロトコル対応WebUIP」を使って業務を行うことになります。また,OCLCメンバー館とのILL業務に関する料金の支払・請求は,OCLCの日本代理店である紀伊國屋書店を通じて処理することになります。

現在,グローバルILL[OCLC版]には,以下の4項目の制限があります。


(1) 業務の限定:

・対象業務を文献複写に限定しています(現物貸借も準備が整い次第,開始を予定しています)。

(2) 依頼先・受付先の限定:

・ILL業務を行えるのは,グローバルILL参加館同士のみです。OCLCのメンバー館であっても,このグローバルILLに参加していない図書館との依頼・受付はできません。平成14年8月末現在のグローバルILLの参加館数は,日本側54館(48機関),北米側26館(24大学)です。

(3) 所蔵情報の確認方法:

・北米側参加館のOPAC等を検索して確認します。平成14年8月末現在,NACSIS-ILLを利用した北米側参加館の目録検索はできません。

(4) レンディング・ポリシーの確認方法:

・OCLCメンバー館のレンディング・ポリシー等の参加館情報を,NACSIS-ILLから参照することはできません。北米側参加館の情報は,国立情報学研究所で用意する以下のURLを御参照ください。


URL: http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/INFO/ILL/ISO/OCLC-member-policy.html

グローバルILLに参加するためには,目録所在情報サービス利用申請とは別に申込手続きが必要です。別紙1「グローバルILL利用申込書」に必要事項を御記入の上,以下の「2 申込先/問合せ先」へFAXにてお送りください。申込手続きに関する注意事項については,「3 申込手順」を御参照ください。

なお,「グローバルILL」,「ILLシステム間リンク」に関する情報は,以下のWWWページで

前ページへ

11

次ページへ