オンライン・システムニュースレター抜刷集


ホームページ|| 目次へ

1  「目録情報の基準」関連
1.3   典拠レコード
1.3.1  表記の規則について


A)著者名典拠レコードの表記について(No.23 p.13)

Q:
ロシア人やギリシャ人等の標目形をローマ字形からキリル、ギリシャ文字形に修正したり、ローマ 字形とは別にキリル、ギリシャ文字形の標目を作成したりする例が見受けられる。注意を促して欲 しい。

A:
「目録情報の基準」8.4.4 統一標目形の表記(2)において「AACR2とそのLC適用細則に基づく名前は ローマ文字で表記する。」と規定していますように、外国名についての統一標目形はローマ文字で 表記します。さらに、原語形等の統一標目形の別の文字の形は参照標目とします(8.5 から見よ参 照(4))。質問のなかにあるように、ローマ字形を別文字に修正したり、全く別にレコードを作成し たりすることは誤りですので、ご注意ください。


DB編 8.4.4 統一標目形の表現
DB編 8.5 から見よ参照
catadm (catadm@nii.ac.jp)