オンライン・システムニュースレター抜刷集


ホームページ|| 目次へ

2 登録・修正
2.6  レコードの修正
2.6.3  「固有の標題でないもの」に関わる書誌の修正(No.29 p.29-30)


 「基準」の改訂により、「固有の標題でないもの」の扱いが旧版より明確になった点があります。
 (例) ・「小説」「詩歌」...等の形式区分をあらわす名称は、旧版では特に
    具体的に言及されていなかったが、改訂版では「固有の標題でないも
    の」として具体的に列挙されている
    ・別個の著者等を持つ部編名は、書誌単位とする
 このため、旧版の下で作成された書誌の中には、改訂版に従うとレコード作成単位の変更が必要になる ものがあります。
 「固有の標題」に関する改訂版の適用について、旧版に照らせば正しく、修正を行わなくとも特に問題 がない書誌もすべて修正しなければならないのかという質問が寄せられました。
 書誌レコード作成単位の変更により、所蔵レコードの付替作業が必要になります。その作業を行う参加 組織の負担を考慮し、以下のようにします。
ア 改訂版「目録情報の基準」に従い修正を行うもの
 ・改訂前後にわたって継続中の多巻もので、書誌構造の整合性が損なわれてい
  ると判断されるもの(例:「固有の標題でないもの」の表に該当するものが、
  改訂の前後で書誌単位・出版物理単位というように異なる扱いがされている)
 ・書誌構造の捉え方の相違により重複書誌となっているもの
 ・その他、重大な問題があるもの
イ 原則として修正を行わないもの
 ・すでに完結している多巻もので、上記のような問題がないもの
  なお、書誌レコード作成単位の変更が伴う修正 ( VOLフィールドの追加、子
  書誌の作成) 等は、従前どおり、書誌作成館と協議の上行い、所蔵の付け替
  えの連絡を忘れずにお願いします。

コーディングマニュアル 21.0 図書書誌レコード修正指針 
catadm (catadm@nii.ac.jp)