オンライン・システムニュースレター抜刷集


ホームページ|| 目次へ

3 システム運用
3.3  コマンド
3.3.1 LOOKUP BIBLIOGRAPHYの仕様変更(No.17 p.5-6)


 現在、LOOKUP BIBLIOGRAPHYは選択した業務に関する書誌のみが表示されるように なっています。すなわち、和図書を選択すれば和図書のみが、洋図書を選択すれば洋図書のみが対象とな ります。このため、著者名典拠レコードの確認を行ったり、典拠レコードの削除予定レコード化を行う場 合にいくつもの業務を選択するという操作上の手間がかかっていました。そこで今回、図書業務を選択し た場合のLOOKUP BIBLIOGRAPHYでは和洋の書誌を同時に表示するように変更します。
※平成元年3月27日より運用開始
 書誌の表示順序は次のようになり、選択した業務にかかわらず、常に洋図書が先に表示されます。
≪書誌の表示順序≫ ア 洋図書マスタレコード
          イ 和図書マスタレコード
 また、詳細表示画面では選択した業務によって有効となるコマンドが異なります。例えば、洋図書を選 択してLOOKUP BIBLIOGRAPHYを発行し、和図書の詳細表示画面に到達した時、この画面で発行できるコマン ドはDISPLAY、BROWSE、RETURN、GIVEUPだけです。したがって、選択した業務以外のレコードに対して、リ ンクをたどったり、レコードを編集(修正、追加)したりするコマンド(EDIT、COPY、CREATE、REGISTER、SAVE、 CHOOSE、LOOKUP、LINKTO)は使用できませんのでご注意下さい。
 画面の流れは次のようになります。
 <洋図書の例>
           洋図書業務から
             ↓
 ┌───────────────────────────────────┐
 │著者名典拠詳細表示  (教育用) NC          1/   1     │
 │>:LOOKUP BIBLIOGRAPHY                         │
 │<DA00238895> CRTDT:19860806 RNWDT:19910418               │
 │HDNG:Pierce, John Robinson, 1910-                   │
 │TYPE:p                                │
 │DATE:1910                               │
 │SF:Coupling, J. J., 1910-                       │
 │SF:Pierce, J. R. (John Robinson), 1910-                │
 │SF:Pierce, John R. (John Robinson), 1910-               │
 │SF:ピアース, J. R.                          │
 │SF:ピアース, ジョン R.                         │
 │NOTE:His Theory and design of electron beams, 1949          │
 │NOTE:His Signals, 1981: CIP galley t.p. (John R. Pierce)       │
 └───────────────────────────────────┘

        LOOKUP BIBLIOGRAPHYを発行
             ↓
 ┌───────────────────────────────────┐
 │洋図書書誌検索・簡略表示 (教育用) NC      1-   10/   19   │
 │>:                                  │
 │TITLE=                                │
 │AUTH =                                │
 │AKEY :       ISBN:        LCCN:             │
 │PUB =                 YEAR:             │
 │PLACE=                 CNTRY:  LANG:        │
 │SH  =                                │
 │WORDS=                                │
 │ID  :       PID:                        │
 │FILE :                                │
 │ 1.<BA0014333X>Information technology and civilization / Hiroshi   │
 │  Inose,John R.Pierce ; with a foreword by Koji Kobayashi. -- W.H.  │
 │  Freeman, 1984.                           │
 │ 2.<BA03513071>The science of musical sound / John R. Pierce ;    │
 │  hard. -- Scientific Amer..., 1983.                 │
 │ 3.<BA06951086>Introduction to communication science and systems   │
 │  /John R. Pierce and Edward C. Posner. -- Plenum Press, 1980. --   │
 │  (Applications of communications theory).              │
 │ 4.<BA07154265>Current directions in computer music research /    │
 │  edited by Max V.Mathews and John R. Pierce. -- MIT Press, 1989. │
 │  -- (System Development Foundation benchmark series ; 2).     │
 │ 5.<BA07203112>Great themes of science fiction : a study in ima    │
 │  -gination and evolution / John J. Pierce ; foreword by Thomas J. │
 │  Roberts. -- Greenwood Press,1987. -- (Contributions to the study │
 │  of science fiction and fantasy ; no. 29).             │
 │ 6.<BA10723857>My career as an engineer : an autobiographical     │
 │  sketch / John R.Pierce. -- University of T..., 1988.       │
 │ 7.<BA0755309X>Almost all about waves / [by] John R. Pierce.     │
 │  -- MIT Press, 1974.                         │
 │ 8.<BN03093604>量子エレクトロニクス : メ-ザ-・レ-ザ-・トランジス   │
 │  タ- / ジョン・ R.ピア-ス著 ; 霜田光一,藤岡知夫訳. -- 河出書房新社, │
 │  1977. -- (現代の科学).                       │
 │ 9.<BN03420562>ピア-ス自伝 / ジョン R.ピアース [著]. -- 東京大学,   │
 │  1988.                               │
 │ 10.<BN02288007>ピアース自伝 : 技術者として生きた50年 : 情報・通信   │
 │  工学のパイオニア / ジョン R. ピアース著 ; 猪瀬博,井上如訳.     │
 │  -- 日経サイエンス..., 1988.                     │
 └───────────────────────────────────┘
     
          洋図書の次に和図書が表示される
          DISPLAYコマンドで詳細表示画面へ
            ↓            ↓
       ┌──────────┐ ┌──────────┐
       │ 洋図書詳細表示画面 │ │ 和図書詳細表示画面 │
       └──────────┘ └──────────┘
            ↓            ↓
        引続き、通常業務ができる  使用できるコマンドは4つのみ

検索編 9.3 リンク参照
catadm (catadm@nii.ac.jp)